吉武ゼミの記録2018年 of 地域デザイン学研究所

吉武ゼミの記録・2018年

134回

2018.12.10
吉武ゼミ

ー建築家クラブー

テーマ:「人の集まりをデザインする」

講師:千葉 学 氏 東京大学大学院工学系研究科教授
          千葉学建築計画事務所主宰

『今の時代、どんな場所にどんな建築でも自由につくれるようになってしまいましたが、改めてその土地、そのプログラムに必要とされる人の集まり方を根本的に問い直し、
人と人、人と土地の関係を発見的に見出していくような設計をしたいといつも考えています。
 そのことについて、最近の仕事を通じてお話ししたいと思います。』

image1.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg









133回

2018.4.19
吉武ゼミ

ー建築家クラブー

テーマ:「建築と気象の関係」
ー気象学者の考える快適な建築環境ー

講師:松田 益義 氏

(略歴)・北海道大学低温研究所出身で中谷宇吉郎先生の弟子
(探検部出身、北極圏・南極圏でも研究)
日本雪氷学会関東以西支部長
(株)MTS雪氷研究所主宰

・三次元雨量計の開発
現在の雨量計は横殴りの雨の捕足率が低く、山間地等の土砂災害の前の雨量等が分らない。

・雪害対策で多くの建築家とコラボ
高層化により下層階では雨、上層階では積雪という事象が発生するなど、新たな雪害対策の提案

・気象学者の考える快適住宅の実験
建築系の環境工学とは違う、気象学者としての理論による住宅(自宅)の試作(設計は吉村順三先生の直弟で元義弟の藤江通昌氏)、自身での人体実験


1.jpgimage3.jpeg


5.jpg

4.jpegimage2.jpeg